最新情報一覧

〇スタッドレスタイヤって??〇

  

いよいよ今年も、雪の季節・・・

冬までもうすぐですね。

さて、皆様、スタッドレスタイヤってどんなタイヤなんでしょうか。

少しだけ、ヨコハマタイヤのスタッドレスタイヤの秘密を

教えちゃいます。

そもそも冬用タイヤに種類があることをご存知ですか?

    1.           ウインタータイヤ                    

2.       スタッドレスタイヤ            

3.     スパイク(スタッド)タイヤ   

  

気付きましたか?

スタッドレスタイヤ

↓↓ 

スタッド(スパイク)のない(レス)タイヤ!ということ

  

粉じんの影響で使用が禁止されたスパイクタイヤに

代わるタイヤが今、主流のスタッドレスタイヤなのです。

乾燥路から凍結路まで、いろいろな顔を持つ日本の道路。

  

そんな『日本の冬に最も適しているのは、

              日本のスタッドレスタイヤです。』  

  

~夏用タイヤとスタッドレスタイヤの違いとは?~ 

ポイント① 雪や氷の上のような低温時に、ゴム(コンパウンド)のやわらかさが違う。

低温でもゴムのやわらかさを維持して、路面の凸凹に密着してグリップします。

 

 

 ポイント② 積雪路を走るためにトレッドパターン(接地面)のデザインが違う。

積雪路で雪を踏み固められるように深い溝。

ブロックの角で雪を引っかくことによりグリップ力の確保。

 

  

ポイント③ タイヤのブロックにサイプが刻まれています。

サイプとは、ブロックにある、細かい溝のことです。

これが、凍結路や圧雪路の表面を引っかきグリップ力を得るとともに、

アイスバーンの水膜の除去にも貢献します。

 

ポイント④ タイヤのサイドウォールの表示が違う。

 夏用タイヤとは、異なる表記がタイヤの側面にあります。

1.プラットホーム表記

4ヶ所にあり、スタッドレスタイヤの使用限度を知らせる。

このサインを過ぎたゴムは、硬いんです。    

 2.STUDLESS表記

スタッドレスタイヤであることを示す「STUDLESS」の打刻

 3.M+S表記 読み(マッド&スノー)

ぬかるみや積雪路面でも走行可能。     

          4.シビアスノーマーク表記

より厳しい氷雪条件での使用を考えて設計されたタイヤに打刻

 
 

違いは

『低温でもしなやかなゴム(コンパウンド)』と

     『サイプを含めたパターン』!

 

スタッドレスタイヤについて、わかっていただけたでしょうか?

まだまだ、謎が深いですね。

 

▶︎ お知らせ一覧へ戻る