最新情報一覧

AAA

本日はヨコハマタイヤから1/31に発売になった
BluEarth-1 が入荷しましたのでご紹介させていただきます。

低燃費タイヤの目安になるラベリングの性能は国内最上級クラスのAAAです。

サイズラインナップは
195/65R15 91H
215/45R17 91W (エクストラロード規格)
の 2サイズです。

空気抵抗低減を考えてサイド部に多数のディンプルを配置してあるのが独特です。

 
空気抵抗低減の原理はゴルフボールと同じなんですよ。

 
タイヤの内部を見てみるとサイレントリングが入っています。
これにより、路面からの衝撃によって空気がタイヤ内で振動する音(空洞共鳴音)を吸収することでタイヤノイズを低減し、静粛性を一段と高めてくれます。


吸音スポンジ
と言えばダンロップが有名ですが、ダンロップとの違いは
ヨコハマのサイレントリングは取り外して交換が可能と言うことです。取り外せる事によりパンク修理が容易に出来る様になってます。

サイレントリングはDNA デシベル スーパー E-スペックにも採用されています。

BluEarth-1 のページに気になる記事があります。
「ブルーアース・ワン」は「エアテックス」の採用に加えて、各タイヤパーツと構造の見直しを図り、剛性を維持しつつ大幅な軽量化を実現。よりスムーズな発進を可能にし、低燃費性能に貢献しています。約17%の軽量化を実現

・・・・・・本当?
確かに持った感触は他のタイヤよりは軽いと思ったのですが、たまたま体重計があったので重さを量ってみました。

先ずはDNA S.driveを量ってみました。

約11kg でした。

続いて気になるBluEarth-1 は・・・

約8.5kg !

やっぱり軽かった!!

ヨコハマの最新技術が全て詰まったタイヤですのでこれで燃費が良くならない訳が無いと思います。

 

タイヤ換え  重くなったのは  財布の中身 (^0^)笑

以上 鈴木のレポートでした。

 

 

 

 

▶︎ お知らせ一覧へ戻る