ADVAN sport V105

  •  輸入車をはじめとしたハイパワー車、大型セダンをターゲットに時速300Kmクルーズ(300Km巡航)を可能に…を目標に開発されたタイヤです。(スピードの出し過ぎには注意しましょう)
  • 高速巡航を可能にするにはグリップ(駆動・制動力)の制御技術が不可欠です。
    必要な時に必要なだけのグリップが出せる不思議なコンパウンド(タイヤのゴム)を使っています。
  • タイヤの内部構造はレーシングタイヤの技術を駆使しています。(マトリックスボディプライ というそうです)
  • 現在のタイヤはカーカス(タイヤの骨格を形成するコード ポリエステルや繊維)をラジアル構造(放射状で且つ、直進方向に対してコードを直角に配置)していますが、V105に使われているマトリックスボディプライとは、このカーカスにほんの少しだけ角度をつけています。
    この微妙な角度によりコーナリング時のタイヤのたわみ方がかわり、限界域でのコントロール性が飛躍的に向上します。
    また、ハイパワー車で発進時に思い切りアクセルを踏み込むとホイールスピンを起こしがちですが、このタイヤを履くとホイールスピンの量を低減させる事ができます。
  • カーカスをトレッド(タイヤの接地部分)付近まで巻き上げて、サイドウォールの中に二重構造を形成しているので、ハンドルレスポンス(ハンドルを切った時にタイヤが向きを変えるタイミング)が向上します。
  • 輸入車やハイパワー車は、ロープロファイルタイヤ(タイヤの横が薄いタイヤ)が装着されていますが、乗り心地もよくなります。
  • 高速道路を多く使うお客様に是非、履いていただきたいタイヤです。
  • ゴムへの配合剤もたくさん使っているので、混ぜるのがすごく大変だそうです。