よくあるご質問

タイヤの保管について

タイヤは直射日光に弱いのです。(特に紫外線)

新品時には表面処理が施されていたり、内部の老化防止剤や亀裂防止剤が少しづつにじみ出て表面を保護していますが、一旦使用を開始すると保護膜が無くなってしまう(或はタイヤワックス等により除去されてしまう)と、光による分子結合の切断や、大気に含まれるオゾンによる劣化が進行してしまいます。
(ただし、昔のタイヤに比べてかなりの対策がされていますから、極端な劣化はしにくくなっています)

なので、保管される場合はなるべく風通しが良く、直射日光と雨が当たらない場所が最適です。
また、可能であればタイヤを立てて保管するのではなく、寝かせて保管した方がタイヤとホイールの自重による接地面変形の可能性がなく安全です。

hokan