タイヤの説明

バン用ドレスアップタイヤについて

ヨコハマホイール バン用

Cタイヤとは?

ヨコハマタイヤにPARADA PA03というブランドのタイヤがあります。

このタイヤはハイエースを代表とする商用車(バン)のドレスアップ、インチアップの為に開発されたタイヤです。14インチから18インチまでの6サイズが設定されており、その中の4サイズはお洒落なホワイトレターがラインナップされています。

ヨコハマホイール RG-D2

こちらのタイヤのサイズを見ると【215/65R16C 109/107S】との表記があります。16インチの後に続くC は何を表しているのでしょう??

このCとはCommercial Vehicle(コマーシャルビークル・商用車)の頭文字で、乗用車用の規格とは異なる構造である事を示しています。また、ハイフローテーションサイズやLT規格サイズのロードレンジCとは異なります。

VAN規格サイズ同等のタイヤ強度を持たせていますので、商用車でインチアップを行った場合でも、原則的に車検は通ります。(車体からタイヤやホイールがはみ出ている場合には車検はNGです)

ヨコハマ以外のメーカーからもCタイヤは発売されており、トーヨータイヤのH20や、グッドイヤーのイーグル#1ナスカー等も同様の規格のタイヤとなります。

使用上の注意点

空気圧に関しては純正より高い空気圧が必要となっています。最低充填空気圧は200Kpa、最高充填空気圧は475Kpa(15インチは450Kpa)となっています。例えばハイエース(純正195/80R15 107/105)を17インチ(215/60-17C 109/107S)や、18インチ(225/50-18C 107/105H)にインチアップした場合の空気圧は以下のようになります。

195/80R15 107/105で純正指定空気圧が325Kpaだった場合、一輪当たりの負荷能力は840Kgです。
215/60-17Cで一輪当たり840Kgの負荷能力を発生させるのに必要な空気圧は370Kpaとなります。
225/50-18Cで一輪当たり840Kgの負荷能力を発生させるのに必要な空気圧は400Kpaとなります。

一般的にVAN規格サイズやLT規格サイズの空気圧・負荷能力対応表は公開されておりませんが、近似値はヨコハマタイヤのサイトから確認可能です。

https://www.y-yokohama.com/product/tire/faq-24/

適正空気圧以下で走行した場合、タイヤの偏摩耗・異常摩耗、ハンドルが重い、走行音の増加、制動距離が長くなる等の不具合が予想されますので、定期的な空気圧の点検を推奨いたします。