タイヤの説明

シリカによる相反関係の解消

現在、国産メーカーが製造しているタイヤのほとんどは、様々な工夫を凝らして相反関係にある転がり抵抗性能とウェットグリップ性能を上げる事に成功しています。

色々な物質がゴムに混ぜられていますが、ゴムを補強する代表的な物質としてカーボンブラックがあります。タイヤは黒く色がついていますが、あの黒色がカーボンブラックによるものです。

カーボンブラックによる補強は耐摩耗性と摩耗寿命を延長させる事が出来、紫外線の吸収効果にも優れている事から劣化防止の作用もあります。カーボンブラックは補強材として大変優れた物資ですが、転がり抵抗性能とウェットグリップ性能の両方を上げる事は出来ませんでした。

しかし補強材としてシリカを配合する事により、相反関係にある両方の性能を劇的に上げる事が可能になったそうです。

シリカとは?

シリカとは砂みたいな物体で正確には石の粉末です。化学記号だとSiO2なので二酸化ケイ素となります。身近な品物では、お化粧に使うファンデーションの主成分がシリカです。

但し、このシリカという物質はゴムと非常に相性が悪く、混ぜ込む事が非常に困難なのだそうです。現在、横浜ゴムより発売されているタイヤは体積比率だと信じなれない位の量がコンパウンド(タイヤのゴム)に混ぜられています。

科学的にデザインされた末端変性ポリマーとシリカを結合させるカップリング剤の進歩、シリカの粒度をナノレベルで制御する事により大量のシリカを混ぜる事が可能となりました。

シリカが大量に配合されたゴムは低温時の物性安定が上がっており、エネルギー損失(ヒステリシスロス)が発生しにくいのです。逆に高温になると急激にヒステリシスロスが発生する特性を供えており、これが低燃費性能とウェットグリップ性能を両立させた大きな要因なのです。通常走行では発熱が抑えられ、コーナリングフォース(曲がる力)や制動力が加わると発熱する特性のタイヤが生産出来るようになったのです。

平成初期の頃のタイヤに比べ、現在のタイヤはシリカの配合量が上がり、カーボンブラックの配合量が少なくなっています。昔のタイヤに比べタイヤの色も、よく見ると黒から黒に近い灰色に変化しています。

絶縁性の物質のシリカ

シリカは絶縁性の物質である為、シリカを多く含んだタイヤは自動車から発生した静電気をアースしにくい特性を持っていますが、タイヤの中央部に通電性の高いゴムを使用しキチンとアースされるように設計されています。

本来混ぜ合わせる事が困難な物質同士を混ぜ合わせる、本来接着出来ない物質同士(例えばゴムと金属)を接着させる…タイヤは最新科学と工学技術の結晶体なのです。

横浜ゴム工場の最終検品

横浜ゴムさんの工場を見学させていただき、技術力のすごさを感じましたが、もっとも素晴らしいと感じたのは最終検品工程です。全てのタイヤ、全てのサイズ、全製品、全数人間の目視検査と手による触感検品を行っています。我々が見学させていただきました工場は1日に45,000本のタイヤを製造する事が出来るそうです。

1日に45,000本のタイヤを全数、人間によって検品を行っているのは横浜ゴムさんだけではないかと…(違ったら他のタイヤメーカーさんスミマセン)

製造品である以上、不良も出るのでしょうが、人間が行う検品の前にバランス測定(ブレが無いか)とユニフォミティ測定(各部分に剛性の偏りが無いか)を機械による自動測定を行います。 この二つの測定をパスしても、最後の人間による測定でダメなタイヤは不良品となり廃却処分されます。これだけの測定を行っているので、不良品が流通する可能性は限りなく0に近いのですが、万が一、製品不良があった場合は必ず横浜ゴムさんは保証をしてくださいます!!